雄水、岡山「三木記念賞」受賞

Miki-kinen-shyou In OKAYAMA 備中神楽 面打師 雄水 Bitchukagura menuchi-shi Yusui

  温羅

Ura  備中神楽面 雄水流 Bitchukagura-men Yusuiryu

 素戔鳴尊

Susano-no-mikoto  備中神楽面 雄水流 Bitchukagura-men Yusuiryu

大国主命

Ookuninushi-no-mikoto  備中神楽面 雄水流 Bitchukagura-men Yusuiryu

建御名方命

Takeminakata-no-mikoto  備中神楽面 雄水流 Bitchukagura-men Yusuiryu

建御名方命

Takeminakata-no-mikoto  備中神楽面 雄水流 Bitchukagura-men Yusuiryu

思兼命

Omoigane-no-mikoto  備中神楽面 雄水流 Bitchukagura-men Yusuiryu

工房・概要

備中神楽

岡山県備中地域では、古くから荒神の鎮魂を目的とした神楽・荒神神楽がなされていました。文化・文政(1800年)の頃「西林国橋」が神代神楽を草案、現在の備中神楽へと続いています。

雄水工房

「備中神楽」の舞に使われている面(おもて)の製作工房です。「獅子頭」や「お多福」など面彫刻にまつわる縁起物彫刻も人気です。このサイトにて購入、ご相談を承ります。

雄水流

面打ちの流派・春山流の宗家補佐であった津村雄水が伝統技法に加え、独自の彫刻手法で効率的な制作を導きだし「雄水流」として宗家となりました。

雄水流の弟子達

初伝・中伝・奥伝・皆伝・師範の五段階の免状認定基準を設けています。「皆伝」は、2016年暮れに1名追加され現在21名、「師範」7名が認定されています。

面の解説

大国主命(おおくにぬしのみこと)

大国主命(おおくにぬしのみこと)

 

「国譲りの能(くにゆずりののう)」に出てくる神様です。

出雲の国の「主」である大国主命(おおくにぬしのみこと)の所領に経津主命(ふつぬし)と武甕槌之命(たけみかずち)の両神が高天原(たかまがはら)から天降し、「国を譲れ」と交渉にやってきます。
そこで大国主命は長子の事代主命(ことしろぬし)に相談し、国を譲ることになります。
しかし、次男の建御名方命(たけみなかたのみこと)(通称黒鬼)が反対し合戦となってしまうのです。
その戦いは建御名方命が屈することとなり「国譲り」が行われた、という能の神話です。

品のある面相で備中神楽の代表的な面です。

 

 

素戔鳴尊(すさのうのみこと)

素戔鳴尊(すさのうのみこと)

 

「大蛇退治(おろちたいじ)」に出てくる神様です。

別名「八重垣能(やえがきののう)」ともいいいます。
素戔鳴尊(すさのうのみこと)は高天原(たかまがはら)より出雲の国に追放され、その移動途中、足名槌命(あしなづち)・手名槌命(てなづち)という両翁媼に出会います。
その時、八俣(やまた)の大蛇(おろち)に娘を毎年食われる嘆きの話を聞き、大蛇退治を引き受けることとなります。
戦略を考え、闘いに至っては大立ち回りを繰り広げ、ついに成敗を果たします。
その後、ひとり残っていた奇稲田姫(くしいなだひめ)を妻にもらい出雲の国を開く、という能の神話です。

備中神楽の代表的な演目で、素戔鳴尊と大蛇の大立ち回りは一度観れば忘れられない勇壮さがあります。「黒髪」の髭に「金眼」が光り、屈服を知らない荒武者のような表情が印象的です。

 

 

思兼命(おもいかねのみこと)

思兼命(おもいかねのみこと)

 

「天の岩戸開き」に出てくる神様です。

天照大神(あまてらすおおみかみ)が弟である素戔鳴尊(すさのうのみこと)の悪行に怒り岩戸へ隠れ、天地は闇になってしまいます。困った神々は、思兼命(おもいかねのみこと)を中心に相談し、結果「舞」を舞うことに決まります。
岩戸の前で天鈿女命(あめのうずめのみこと)(女神)がこっけいな「舞」を舞ったところ、皆笑いころげることとなり、その楽しげな雰囲気につれられて、天照大神が岩戸の戸をそっと開けてのぞいた所を連れだし、世の中は再び明るくなった、という神話です。

思兼命(おもいかねのみこと)は、智恵の神ともいわれ「白髪」の髭に「金眼」がきらりと光り引き締まりった表情の人気の面です。

 

 

建御名方命(たけみなかたのみこと)

建御名方命(たけみなかたのみこと)

 

「国譲りの能」に出てくる神様です。

出雲の国の「主」である大国主命(おおくにぬしのみこと)の所領に経津主命(ふつぬし)と武甕槌之命(たけみかずちのみこと)の両神が高天原(たかまがはら)から 天降し、「国を譲れ」と交渉にやってきます。そこで大国主命は長子の事代主命(ことしろぬし)に相談し、国を譲ることになります。しかし、次男の建御名方命 (たけみなかたのみこと)(通称黒鬼)が反対し合戦となってしまいます。つまるところその戦いは建御名方命が屈することとなってしまい「国譲り」が行われた、という能のものがたり。

面相が派手で、舞も派手と人気の面です。

 

 

温羅(うら)

温羅(うら)

 

「温羅神楽」に出てくる神様です。

温羅はかつて大和勢力に征圧された吉備の英雄(冠者)の名として呼んでいます。吉備之伝説(きびのでんせつ)「温羅神楽(うらかぐら)」は、備中神楽発生以前からあるといわれる「吉備津能(きびつのう)」を引き継ぐ「能」として近年創作されたものです。

岡山県の吉備の国にあった新山(総社市阿曾)に鬼神と伝わる禍又温羅(かしゃうら)が立てこもって民を悩ましていたといいます。この邪道は極悪の限りがなく、当国主宰の岩山明神は吉備津彦の命(きびつひこのみこと)にこの温羅(うら)の退治を依頼し、激戦の後討ち果たすこととなりました。

温羅は後、吉備津神社の「お釜殿」のカマドの下に埋められていると伝承され、「釜」のその鳴り具合によって吉凶を占うという「鳴釜神事」がいまも継承されています。これは、温羅の「精霊」のお告げということで地元では根付いています。
このことは、「雨月物語」に「吉備の鳴釜」と記されて知られています。

金眼に赤ら顔ですが、何故か親しみを持てる吉備の鬼神の面です。

 

手名槌命(てなづち)と足名槌命(あしなづち)

手名槌命(てなづち)と足名槌命(あしなづち)

 

「八重垣能(やえがきののう)」に登場する老夫婦。

「八重垣能」は別名「大蛇退治(おろちたいじ)」ともいいいます。
高天原(たかまがはら)より出雲の国に追放された素戔鳴尊(すさのうのみこと)が道中のさなか、足名槌命(あしなづち)・手名槌命(てなづち)という両翁媼に出会います。八俣(やまた)の大蛇に娘を毎年食われるなげきの話を聞き、大蛇退治を引き受けます。そして、ひとり残っていた奇稲田姫(くしいなだひめ)を妻にもらい、出雲の国を開くといういきさつのものがたりです。

猿田彦命(さるたひこのみこと)

猿田彦命(さるたひこのみこと)

 

備中神楽の代表格です。

俗に、三災七難怨敵退散、悪魔降伏、疾病消除、家内安全、五穀豊穣、身体健全、万難退除の大神にて今日では交通安全の守り神とされています。

神代の昔、天孫降臨の時、芦原中津国に天下る「天孫ににぎの尊」の一行の先導者で神々の先払いをしたといわれています。

古文書に、鼻が長く、目が赤いとの記載があり、備中神楽では先払いの神として初っぱなに登場し迫力のある舞をして観客を引きつけるのが恒例です。
通常は二人、荒神(こうじん)神楽などでは人数が増えて四~五人での舞となります。

万古大王(ばんごだいおう)と修者堅牢神(しゅうじゃけんろうじん)

万古大王(ばんごだいおう)と修者堅牢神(しゅうじゃけんろうじん)

 

五行思想にのっとった教化神楽。
ここでは万 古 大 王(ばんごだいおう)について・・
五行幡割(別称五行幡分け・王子神楽)に登場する神で父の万古大王(ばんごだいおう)の五人目の子どもが宿った時に四人の子に伝言をのこし天上します。

太 郎 王 子 久久能智命 (くくのちのみこと)( 春・東方・青色・木 )
二 郎 王 子 軻句突智命 (かくつちのみこと)( 夏・南方・赤色・火 )
三 郎 王 子 金山比古命 (かなやまひこのみこと)( 秋・西方・白色・金 )
四 郎 王 子 水波女命 (みずはめのみこと)( 冬・北方・黒色・水)
五 郎 王 子 埴安彦命 (はにやすひこのみこと)( 土用・中央・黄色・土)

五郎王子は四人の王子を相手に問答論争をする程のしっかりものとなり、中央の御祖(みおや)となったという神です。

メディア掲載

~獅子舞を吉備津彦神社(岡山市一宮)の新たな新春行事にしようと、地域住民らが準備を進めている。~住民有志の「吉備の中山を守る会」を中心に新しい行事を始めようと発案。~自分たちの獅子頭を、同市下中野の面打師津村雄水さんに依頼して制作。獅子頭は三キロで衣裳をつけると約五キロ。津村さんは「おめでたい正月に披露されるので、華やかで優しい感じに仕上げた」という。~

山陽新聞 2004年12月8日版掲載

獅子頭の完成を祝う 吉備津彦神社

~今までに制作した面は400近く。注文を受けての制作も多く、およそ250の面は人の手に渡っている。~教えることで、備中神楽のファンは増え、地域文化は継承されていく。~

岡山県内誌「オセラ」2009年3-4月号掲載

神楽面面打師 「備中神楽」繁栄にひと役買うために

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

このフィールドは空のままにしてください。



面制作のご依頼や
ご相談その他のお問い合わせにご利用ください。
ご入力いただいた個人情報は、
お問い合せの対応にのみ利用いたします。

手順

フォームに必要事項をご記入のうえ
「確認へ」のボタンを押してください。

「送信」ボタンが現れたらそれが確認画面です。
修正がないかチェックしてください。

訂正の場合は「戻る」ボタンを押して修正ができます。
送信後、コメント欄下側に
「送りました」とメッセージが出て送信完了です。

直後に、
記入されたメールアドレスに送信確認メッセージが送付されています。